スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

F#入門 Windowsアプリケーション編 DateTimePicker MonthCalendar

DateTimePickerは日時入力用の部品です。
 
それではいつも通り部品をのっけるWindows Formを準備しておきます。
 
open System
open System.Windows.Forms
open System.Drawing
 
let mainForm = new Form(Width = 460, Height = 150, Text = "MyComboBox Window")
mainForm.Show() |> ignore
 
ComboBoxのインスタンスを一個作成してフォームにのっけてみます。
 
let myDateTimePicker = new DateTimePicker(Location = new Point(10,10),Width =360)
mainForm.Controls.Add (myDateTimePicker) 
 
820-1.jpg 
 
値を所得してみます。(インスタンス化されたときの時刻DateTime.Nowが値となります。)
 
> myDateTimePicker.Value;;
val it : DateTime = 2010/06/29 8:49:31 {Date = 2010/06/29 0:00:00;
                                        Day = 29;
                                        DayOfWeek = Tuesday;
                                        DayOfYear = 180;
                                        Hour = 8;
                                        Kind = Unspecified;
                                        Millisecond = 0;
                                        Minute = 49;
                                        Month = 6;
                                        Second = 31;
                                        Ticks = 634133981710000000L;
                                        TimeOfDay = 08:49:31;
                                        Year = 2010;}
 
このようにDateTime型の値となります。
値を設定してみます。
 
> myDateTimePicker.Value<- new DateTime(2010,7,8,10,11,30);;
val it : unit = ()
これで表示されている日付も変わりました。(時刻まではこのままでは表示されませんし、このコンストラクタを使用した場合は秒以下は0となります。)
 
なおDateTimeのコンストラクタは12個のオーバーロードを持ちます。
 
フォーム側から日付部分は入力することも、選択することもできます。
 
(入力)
820-2.jpg 
 
(選択)
820-3.jpg 
 
なお時刻も表示するなどの、自分好みの形式で表示するには、FormatプロパティをCustomuに設定し、CustomFormatプロパティに書式を設定します。
 
>myDateTimePicker.Format <- DateTimePickerFormat.Custom
myDateTimePicker.CustomFormat <- "yyyy 年で MM 月で dd 日の HH 時 だよ。";; 
 
820-4.jpg 
 
 
書式指定文字列 は次のようになっています。
 
d          1 桁または 2 桁の日付。 
 
dd          2 桁の日付。日付値が 1 桁の場合、前に 0 が付きます。 
 
ddd      3 文字の曜日の省略形。 
 
dddd      完全な曜日名。 
 
h          12 時間形式で表される 1 桁または 2 桁の時間。 
 
hh          12 時間形式で表される 2 桁の時間。値が 1 桁の場合、前に 0 が付きます。 
 
H          24 時間形式で表される 1 桁または 2 桁の時間。 
 
HH         24 時間形式で表される 2 桁の時間。値が 1 桁の場合、前に 0 が付きます。 
 
m          1 桁または 2 桁の分。 
 
mm          2 桁の分。値が 1 桁の場合、前に 0 が付きます。 
 
M          数字で表示する 1 桁または 2 桁の月。 
 
MM          数字で表示する 2 桁の月。値が 1 桁の場合、前に 0 が付きます。 
 
MMM      3 文字の月の省略形。 
 
MMMM      完全な月の名前。 
 
s          1 桁または 2 桁の秒。 
 
ss          2 桁の秒。値が 1 桁の場合、前に 0 が付きます。 
 
t          1 文字の A.M./P.M. の省略形 ("A.M." の場合は "A")。 
 
tt          2 文字の A.M./P.M. の省略形 ("A.M." の場合は "AM")。 
 
y          1 桁の年 (2001 年の場合は "1")。 
 
yy          年の最後の 2 桁 (2001 の場合は "01")。 
 
yyyy      完全な年 (2001 の場合は "2001")。 
 
 
 
なお、ドロップダウンして日付を選択する部分は独立した部品として、MonthCalendarという名前でコンポーネントとして利用できます。
 
>let myMonthCalendar = new MonthCalendar(Location = new Point(10,80))
mainForm.Controls.Add(myMonthCalendar);; 
 
820-5.jpg  
スポンサーサイト

テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

T GYOUTEN

Author:T GYOUTEN
F#と英単語とフリーソフトと読書に興味があります。
ホームページでフリーソフトも公開しています。どぞ御贔屓に。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
blogram投票ボタン
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。