スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Amazon kindleを注文しました。

毎日新聞でAmazon Kindleが日本でも使用可能となったという記事を見て、以前から欲しかったので、注文してしまいました。日本で使用可能になったのですが、購入は米国のAmazon.comからになるので、Amazom.comでのアカウントが必要となります。その他、送料等の手数料と関税が必要となります。以下Amazon Kindleとは何か、一体いくらかかるのかのレポートです。

Amazon KindleというのはAmazon.comが発売した電子ブックリーダーなのですが、データの読み込みにコンピューター等が不要という特徴があります。携帯電話のデーター通信を利用して、データを購入読み込みます。ということで携帯電話の読み込み可能地域なら、どこでもいつでもデータ(書籍、雑誌)の購入ができるというわけです。

(なお、通信できる範囲はこのページにあります。)

ただし、日本の書籍には対応してないので、原書、英字雑誌に限ります。

Amazon Kindleは音声読み上げ機能の他、辞書機能、マークアップ機能等もついています。

(詳しくは このページのビデオを見るとよいのではないかと思います。)

さて本体価格は279ドル、それに私はレザーブックカバー29.99ドルを追加して注文しました。

さてこれに追加になるのが、送料等手数料でこれが26.97ドル、関税が21.36ドルでした。

ということでトータル357.32ドルです。

実際に本のダウンロード料金ですが、新刊のフィクションのベストセラーは10ドル前後で、ハードカバーで買うよりかなり安いです、ただしペーパーバックになると逆に割高になることも多いようです。さすがにコンピューターの専門書は高く、Expert F#は53.19ドル、Foundations of F#は43.59ドルします。(こちらはただでPDF版がダウンロードできるのに)興味がある方はAmazon.comのkindle storeを覗いてみてください。

現物が届いたらまたレポートしたいと思います。

 

 

 

 

 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

T GYOUTEN

Author:T GYOUTEN
F#と英単語とフリーソフトと読書に興味があります。
ホームページでフリーソフトも公開しています。どぞ御贔屓に。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
blogram投票ボタン
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。